Jupyter Notebook導入メモ

最近、compassやtechplayといった勉強会情報サイトを見てpython系の勉強会に行ったのですが、プレゼンターの皆様が必ずjupyter notebookという単語を口にしていて、かつそれで作った資料を元にプレゼンをしていました。

恥ずかしながらこの存在を知らなかったので、導入して使ってみたところ、とても使いやすかったので導入メモを記します。
※本導入の環境はWindows 10となってます。

Pythonのインストール

勿論、Pythonが必要なのでサクッとインストールします
https://www.python.org/downloads
※バージョンは2019/02/24現在だと3.7が良いです
 (後述のanacondaが3.7対応なので)

また、そのまま上のほうのDownload押すと、Windowsの場合はちゃんと判定?してくれなくて
32bitのpythonがダウンロードされるので、
したのバージョンがずらっと並んでるほうのdownloadを押して、
Windows x86-64 executable installerをダウンロードします。

Anacondaのインストール

下記サイトから対象OSのインストーラをダウンロードします。
https://www.anaconda.com/distribution/#download-section
(これも64bitを)

さくさくと次へ次へでインストール。
Add Anaconda to my PATH environment variableは非推奨とのことです。
他のシステムとか入れていたりすると競合する可能性があるからかな?
自分は特に何かを入れているわけではないのでチェック。

Jupyter Notebookを起動

Anacondaのインストールが完了したら、スタートメニューのAnacondaから
Jupyter Notebookを起動します。
ブラウザが立ち上がり下記画面が表示されればOK!
試しにサンプルプログラムを書いてみます。

右上のNewをクリックして、Python3を選択します。

セル内にpythonコードを書いて、ctl+enterを押すとコードの実行結果が即座に見れます。
またグラフ表示も可能です。

Jupyter Notebookは主にデータ分析で使われるみたいですが、
初心者の勉強用にも良いツールかなと思いました。

教える側もJupyter Notebookで資料を作成し、
ブラウザで表示させながら解説、時にはコードを追加・編集したりすれば
インタラクティブに表示ができるので教える側もやりやすいのかなと思いました。

コメント