AWS Copilotを使ってみた

AWSよりECS周りを簡単に実装できるツールがリリースされました。
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/introducing-aws-copilot/

物は試しと早速使ってみました。

インストール

Linuxの場合
curl -Lo /usr/local/bin/copilot https://github.com/aws/copilot-cli/releases/download/v0.2.0/copilot-linux-v0.2.0 && chmod +x /usr/local/bin/copilot && copilot --help
MACの場合
curl -Lo /usr/local/bin/copilot https://github.com/aws/copilot-cli/releases/download/v0.2.0/copilot-darwin-v0.2.0 && chmod +x /usr/local/bin/copilot && copilot --help

※AWS CLIは使える状態にしておいてください。

コンテナの用意

下記を参考にコンテナをサクッと作る

Copilotを使ってみる

※Dockerfileがディレクトリに移動
copilot init

対話形式で答えていく。
What would you like to name your application? [? for help]    # アプリケーション名を指定

Which service type best represents your service's architecture? [Use arrows to move, type to filter, ? for more help]
  > Load Balanced Web Service    ※ロードバランサ経由か
    Backend Service              ※ロードバランサは不要(外部には公開しない)

  What do you want to name this Load Balanced Web Service? [? for help]  
  →ロードバランサを指定した場合はロードバランサ名を

Which Dockerfile would you like to use for XXXXX? [Use arrows to move, type to filter, ? for more help]
→自動的にDockerfileを見つけてくれます

All right, you're all set for local development.
→yesを指定

  Input an image tag value:
→イメージのタグを聞かれるので適切な名前を

しばらく待つと、、デプロイ完了したからこのアドレスにアクセスしてねとメッセージがでるのでアクセスしたらコンテンツ見える!!
? Deployed XXX, you can access it at http://XXX.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com.

対話形式で回答しただけなのに、、あっさりECRへリポジトリのプッシュやECSでサービスやタスクの定義、ロードバランサの作成、、があっさりできました。びっくり。

テストなので課金されないように最後は削除を、、

copilot app delete

コメント